diet3519ダイエットで何がつらいのかというと、まず好きなものが食べられないという事です。最近流行っているのが、「糖質制限ダイエット」。簡単に言えば、「甘いものは控えてください」という内容です。糖質には、「ブドウ糖や果糖、炭水化物など」があります。
炭水化物の代表的なものは、日本人の主食であり心の友である「ご飯」。お米です。お米は基本的には炭水化物でできていますが、それと食物繊維が含まれています。炭水化物も生きていく上で重要な栄養素です。ブドウ糖や果糖は体内に取り入れられるとすぐにエネルギーに変わります。簡単にいうと血液中の血糖値が急に跳ね上がるのです。
一方お米を代表とした炭水化物は急に血糖値を上昇をさせるのではなく、すこしずつゆっくりと上昇させます。なので、有酸素運動ですぐにエネルギー補給が必要なマラソンのような競技においては、バナナのような消化がよく多くのブドウ糖が含まれる食物が有効です。
競技前、特に1~2時間前にはゆっくりとエネルギーに変わる炭水化物が有効です。アメリカのメジャーリーグで活躍するイチロー選手は試合の数時間前、いつも決まった時間におにぎりを食べるという話は有名です。おにぎり以前はカレーを食べていたとも報じられていました。
最近ニュースで「飲食店で注文した定食などのご飯を残す人が増えている」という情報を耳にしました。それだけ糖質制限ダイエットが流行っているのだなと思いますが、まったく摂らないのも身体にとっては負担をかけるのかもしれません。
私の場合は、食事の前、とくにご飯を食べる前に、カロリーがゼロの「もやし」を一袋食べるようにしています。もやしは不況の時もほとんど値段が低価格でお財布にやさしく、なによりカロリーがゼロの、ダイエットに欠かす事のできない食材です。もやしは袋のはじを切り、水を入れよく洗ってから水分をきります。そのあとは大きめの器に移し、大さじ一杯の醤油と胡麻油とオイスターソースを入れてラップをしてレンジで4分間温めます。
それを食べてから家族と普通に食事をしますが、もやしだけでかなりお腹いっぱいになります。それからご飯を食べますが、茶碗一杯も食べられません。体重が少しずつ減り、無理なく痩せていってます。もちろんお散歩や筋トレもしています。ダイエットは無理のない程度に、楽しく少しだけなら好きな物を食べないと続けるのは厳しいのでは、と何度も挫折をした経験からそう感じます。